詳しい素材内容

プログラミング的思考を取り入れた社会科歴史授業~フローチャートであらわしてみよう!~

作成者
神田 孝央 ( 追手門学院小学校 )
使用アプリケーション
Excel
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 学校種別・学年で選ぶ, 学校種別・科目で選ぶ, 目的で選ぶ, Excel, ノウハウ, 先生と児童/生徒, 小学校, 小学校, 教材づくり, 小学6年生, 社会
登録日
2021年6月28日

説明・活用ポイント

歴史事象を理解させるには、話の根幹と流れをきちんと押さえることが大切ですが、子どもたちが苦手であることは紛れもない事実です。この問題をプログラミング的思考を取り入れることで解決しようという取り組みです。
本校で実践し、理解度や説明能力の向上など、一定以上の効果がありましたので、やってみる価値はあるかと思います。フローチャートはエクセル(パワーポイントでも可)で簡単に作れます。

その他の利用シーン(展開例)

社会の歴史事象だけでなく、国語の物語や説明文の構成理解、理科の同定など、様々な分野に応用可能です。

指導案
素材を見る