詳しい素材内容

古典におけるOneNoteを活用したノートづくり

作成者
浦田 大地 ( 青森県立青森聾学校 )
使用アプリケーション
Word, OneNote
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, シーンで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 学校種別・学年で選ぶ, 学校種別・科目で選ぶ, OneNote, Word, オンライン授業, 中学校, 中学校, 先生と児童/生徒, 児童/生徒同士, 特別支援学校・学級, 高校, 高校, 中学1年生, 中学2年生, 国語, 国語、現代文、古典, 高校1年生, 高校2年生, 高校3年生
登録日
2021年6月28日

説明・活用ポイント

「徒然草」ー丹波に出雲といふ所あり において上人の人物像を心情曲線を用いて考えた。OneNoteを用いて、振り返りのしやすいノート作成を目標とした。板書を写すだけでなく、自分で調べた画像を挿入したり、色分けを工夫することができる。また、生徒と教師がノートを共有し、お互いに書きこむことができるため、注目させたい箇所に線を引いたり、ノートテイクの確認が容易になる。

その他の利用シーン(展開例)

古典だけでなく、小説文にも応用が可能である。また、コラボレーションスペースを使用すれば、クラスメイト同士の比較も容易にできる。

【 外部リンク 】StuDX Style 2-③取組状況をすばやく把握して個別サポート

指導案
素材を見る