詳しい素材内容

マインクラフトでプログラミングをはじめよう

作成者
村上 仙瑞 ( 甲南高等学校・中学校 )
使用アプリケーション
MakeCode, マインクラフト
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, シーンで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 学校種別・学年で選ぶ, 学校種別・科目で選ぶ, 目的で選ぶ, MakeCode, オンライン授業, マインクラフト, 中学校, 中学校, 先生と児童/生徒, 児童/生徒同士, 小学校, 小学校, 教材づくり, 特別支援学校・学級, 遠隔授業, 高校, 高校, プログラミング, プログラミング, 中学1年生, 中学2年生, 中学3年生, 図工, 小学6年生, 工芸、商業、農業、工業、水産、福祉、看護, 情報, 数学, 数学、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B、数学活用, 算数, 総合, 総合, 高校1年生, 高校2年生, 高校3年生
登録日
2021年6月28日

説明・活用ポイント

はじめてプログラミングの授業をやるとき, Minecraft Education Edition のMakeCodeは最高の教材である。まずマインクラフトということで、生徒もなじみが深く、すぐに操作方法を理解する。だからあらかじめ教師が教材マニュアルをつくっておいて、最初少し説明するだけで生徒が自ら進んで課題に取り組む。また理解が遅れている生徒に、すぐに教えようとする雰囲気ができあがり、いつの間にかコラボレーション、コミにケーションが生まれる。これはマインクラフトを使ったプログラミングだからこそである。

その他の利用シーン(展開例)

数学の授業(中学・高校)の空間図形,文字式,関数の単元 

MakeCodeのプログラミングで、立体を作らせることで、空間認識を学ぶことができる。
変数を使うことで、関数の概念、文字式の規則性を式で表すことを学ぶことができる。