詳しい素材内容

豆電球の前と後で流れる電流はどう変化するのだろうか?

作成者
岩田 智文 ( 愛知県江南西部中学校 )
使用アプリケーション
Excel
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 学校種別・学年で選ぶ, 学校種別・科目で選ぶ, 目的で選ぶ, Excel, ノウハウ, 中学校, 中学校, 先生と児童/生徒, 時間短縮・効率化, 中学2年生, 理科
登録日
2021年6月25日

説明・活用ポイント

中学校の理科実験の際に、豆電球の前後で流れる電流の大きさを比較できます。比較は、前後で棒グラフになっています。
また、共同編集機能を活用して全班の実験データを集約できます。
最大数は10班になります。

その他の利用シーン(展開例)

理科の授業時に得られた実験データを、全班で共有することで、効率的に実験データが得られ、比較することで、より科学的に考えが深められるツールです。
科学を教える上で、大切なのは客観性です。自分たちのデータだけでなく、他の班のデータも素早く共有できるので、授業時間内に普段の何倍ものデータを集約できます。たくさんのデータによって導き出された結果は科学的に思考した結果と言えます。