詳しい素材内容

GIGAスクールによる諸問題回避 ICT担当先生のための「学校の簡単運用管理」①

作成者
西田 卓司 ( 大阪夕陽丘学園高等学校 )
使用アプリケーション
Teams, Power Platform, Forms
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 目的で選ぶ, Forms, Power Platform, Teams, ノウハウ, 事務処理, 先生と児童/生徒, 教員同士, 時間短縮・効率化
登録日
2021年6月28日

説明・活用ポイント

学校内でICTを担当しているのは、少数であることが多いと思います。
そのICT担当者は教員でもあるため、授業など他の業務も忙しく、回線のトラブルや生徒のIDやPWの再発行などの対応ができないことが多々あります。
このような業務依頼が、授業と授業の間の休み時間に言われることも少なくありません。
そういったときに、Teams・Forms・PowerAutomateを使ったシステムを構築すると、情報の共有や対応がスムーズに行うことができます。
本動画は、活用例を説明しています。

その他の利用シーン(展開例)

SharePointもリンクするようにすれば、対応履歴も同時に残すことができます。
また、承認事項を入れると校務にも役に立ちます。