詳しい素材内容

授業でスライドを使うメリット②

作成者
瀬戸口 義貴 ( 足立学園中学校・高等学校 )
使用アプリケーション
Excel, PowerPoint
カテゴリー
コミュニケーションで選ぶ, シーンで選ぶ, 使いたいアプリケーションで選ぶ, 学校種別・学年で選ぶ, 学校種別・科目で選ぶ, 目的で選ぶ, Excel, PowerPoint, ノウハウ, 中学校, 中学校, 先生と児童/生徒, 小学校, 小学校, 授業, 教材づくり, 時間短縮・効率化, 特別支援学校・学級, 遠隔授業, 高校, 高校, 中学1年生, 中学2年生, 中学3年生, 小学1年生, 小学2年生, 小学3年生, 小学4年生, 小学5年生, 小学6年生, 数学, 数学、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B、数学活用, 算数, 高校1年生, 高校2年生, 高校3年生
登録日
2021年6月28日

説明・活用ポイント

スライドを利用することで、黒板とチョークでは実現できない授業が可能になる。例えば2次関数の最大値や最小値を求める問題で、放物線や定義域を実際に動かして考えさせたり、パラメータを変えてグラフがどのような形に変化するかを観察させることができる。授業は生徒への知識の伝達で終わってはならないため、アニメーションソフトを活用して生徒が考え観察し発見する経験をさせるべきである。

その他の利用シーン(展開例)